S13 最終11位 2207使用構築 [生意気あひると海月姫]

26 -

今季はとても苦しみ、いいPTも見つけられずにいましたが、最後の最後に強いPTを見つけられ無事今季も2200越えを達成でき、自身としては4季連続の2200越えになりました。
と、いうわけで構築についてだらだらと文章を連ねていきます。

PTの並び
クチート ポリ2
ブルン グライ
バナ フーディン

ポリクチブルンからPTを作っています。


個別紹介
クチート@メガ石 意地
実数値:155-150-106-×-76-72(非メガ)
技構成:剣の舞/叩き落とす/じゃれつく/ふいうち
お気に入りの色クチート。
技については、エッジが欲しい場面はあったがクチートが無理をしなければいけない時点でPTの欠陥のため、この技で結論と思っている。

ポリゴン2@進化の軌跡 生意気
実数値:191-100-119-125-154-72 (ダウンロード)
技構成:恩返し/冷凍ビーム/電磁波/自己再生
この構築の地雷枠になり得る存在。ポリクチに見えるため、相手はトリル+3ウエポンの技構成だと思い込んでくれるので非常に刺さりがよかった。
耐久面はかなり優れており、
B方面
意地ガブリアスの逆鱗
39.7%〜47.1%
陽気ガブリアスのA二段階上昇逆鱗
71.2%〜84.8%
意地メガリザードンXのフレアドライブ
51.8%〜61.2%
意地メガボーマンダのA一段階上昇捨て身タックル
83.2%〜97.9%
D方面
控えめ眼鏡サザンの悪の波動
30.3%〜36.1%
晴れ控えめメガリザードンYの火炎放射
41.3%〜49.2%
臆病メガゲンガーのC252ヘドロ爆弾
26.7%〜31.4%
臆病メガゲンガーのC252気合玉
47.1%〜55.4% 乱2(67.2%)命中込みだと有利乱数
控えめ眼鏡ニンフィアのハイパーボイス
40.8%〜48.6%
控えめウルガモスのC一段階上昇大文字
43.9%〜52.3% 乱2(16%)命中込みだとほぼ耐える

ダメ計を見てもらえれば分かると思うが、特殊には大抵勝てるほどの高スペック。
クチート入りに対して出てきやすいリザードンに強いのも評価できる。
ポリクチを使っていた事もあり、再生があるポリ2はとても強く感じた。
積み技持ちには恩返しで打点を稼げるのが強かった。

ブルンゲル@オボンの実 図太い
実数値:204-×-133-110-125-80 (呪われボディ)
技構成:波乗り/鬼火/自己再生/トリックルーム
調整はこちらのをほぼパクらせてもらいました。
ガルーラ、ガブ、バシャ等をある程度受けれ、トリルを展開できることに魅力を感じ採用した。
使用した感想としてはとても強く、普通に流行っていいスペックはあると思った。
サイクルする上でキツイ、メガゲンの影踏みやマグスト等の拘束系が一切効かないゴーストタイプな所も評価できる。
ガルーラには噛み砕くが無いことを祈りながらの後出しになるが、そこは割り切ってプレイしていた。
熱湯ではなく波乗りなのは、鬼火を採用しているので熱湯などという甘えた技を使いたくないことと、波乗りの火力が欲しいこと。
本家の調整よりCを振ってるのは、Cに努力値を振ることでHDアローに対してのダメージを少しでも稼ぎたいから。
呪われボディは神特性。

グライオン@毒毒玉 腕白
実数値:179-120-165-×-114-123
技構成:守る/身代わり/地震/ハサミギロチン
調整意図は
H-ポイヒ回復効率最大
A-H252シールドギルガルドを地震で確2
B-11n
D-余り
S-準速ガッサ抜き
この構築の地面枠、便利屋枠。
こいつの嵌め性能は言わずもがな。数的有利に持ち込めば大抵TODを視野に入れられるのが強い。
採用理由は、上の3体でどうしても辛いギルガルド、ヒードランへの安定した後出し枠。ついでにHDアローも見れる。

フシギバナ@メガ石 控えめ
実数値:187-×-103-152-120-113(非メガ)
技構成:ヘド爆/エナジーボール/めざ炎/光合成
この構築の穴を塞いでくれる枠。こいつがいるだけでガッサやマリルリに強くなるのは素晴らしい。
エナジーボールなのは、瞑想スイクンに打ち勝つ火力が欲しいため。
そして何より、このポケモンは厨パと言われる並びに入るポケモン達にとても弱いのがポイント。
所謂厨パの並びには上の4体が強いため、選出誘導をしてくれるこのポケモンの存在はとても大きい。このポケモンは刺さるPTには無双できる、そういった印象を受けた。

フーディン@メガ石 臆病 メガ前マジガ
実数値:143-×-66-187-117-173(非メガ)
技構成:守る/アンコール/サイキネ/気合玉
まさかのメガ枠3体目。
シーズン最終日にふと思いつき採用した枠。前任はサザンドラだったが、あまりの選出率の低さから解雇になった。
S調整はメガ前最速ガブ抜き、メガ後最速135族抜き。
Cぶっぱメガフーディンの火力は思いのほか強く、三タテも2回程あった。気合玉がほぼ警戒されず、ドヤ顔で出てくるサザンを何度も気合玉で吹っ飛ばした。
一応の害悪対策枠でもある。ムラっけをトレースして好き勝手やりたいだけ感は否めない。

基本選出
ポリブルン+クチートorグライ
8割近くはこの選出
他二つのメガ枠はどちらもピンポ気味なので、選出は慎重にしていた。


戦績
最終レート:2207
最終順位:11位
戦績:89勝38敗


まとめ
この構築は受け回しをしつつ、有利対面から圧力をかけるという戦法で、とても僕らしい構築になったと思っている。
勝率7割越えでの2200達成はこの構築の強さの証拠を表しているはず。
準伝無し、600族無しという縛りみたいなPTになっていたが、種族値こそが正義ではないと分かってもらえたら嬉しいです。(PTの平均種族値485)
メガストーン、進化の奇跡という種族値詐欺アイテム使ってるけど。


最後に
今季は本当に辛かったですが、4季連続2200を達成できとても嬉しく思っています。
惜しくも1ページ目を逃してしまいましたが、悔いはありません。
対戦してくださったすべての方々、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました。
S13お疲れ様でした。

P.S.
フシギバナを快く貸してくれたジェットさんありがとうございました(>人<)

立ち回り等の細かいご質問ありましたら
Twitter(@choco_poke)まで
ページトップ